所沢風俗ベイビーズ闇の世界

  • 投稿者 : 朝方の心意気
  • 2012年6月17日 11:55 PM

腹が立ってしかたがない。デリヘル嬢のせいで!何かと引き換えに体を開く人妻の愛人は多かった。それは宝石や贈り物だけでなく、どこかおもしろい場所に連れていくといった交換条件も含まれた。けれども、体を餌に本心を言わせようとした女は初めてだ。いやらしい目で見るからという、ただそれだけの理由で、ほかの男を絞め殺したくなったのも、むろん初めてだ。われながら、いったいどうしたのだろう。こんな醜態をさらすくらいなら、自分の胸を切り開いて心臓をくれてやるほうが、よほどましだ。どうぞ、奥さま。心臓を引きちぎるがいい。だがデリヘル嬢大佐のことだ、体だけでは満足しない。すべてを所望する。用心しないと、色恋にのぼせあがった愚か者にされてしまう。寝返りを打ち、デリヘル嬢を見つめたとたん、腹立たしい気分はあっけなく消え失(ひぅ)せた。男を破滅させてやろうと手ぐすねを引いている狭滑な妖婦には見えない。むしろ、かたわらで丸くなり、喉を鳴らす子猫のようだ。その表情は柔らかくて満足そうで、眠たげで至福に満ちている。これはまずい。それこそ、この表情を見るためなら、どんなに屈辱的な言葉でも吐いてしまいそうだから。毎朝この表情を見ながら目覚めるところを想像してみろ。所沢風俗ベイビーズ のようなこれから毎日、あの輝かしい笑みを向けられるのがどういう気分か、考えてみろ。喉の奥で息がつまる。デリヘル嬢のせいで、このざまだ!ここまで情けないことになっているとは絶対に知られてなるものか。さもなければ求人情報所する羽目になり、大勢の赤ん坊に囲まれて。麗しのデリヘル男爵と愛のプレイ「しまったー」風俗王子はベッドのなかで飛び起きた。「信じられない。使い忘れた!」「何を?」デリヘル嬢が問いかけた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。